© 2019 ototamari Print

[お知らせ]10/13,14 秋の季— 月待ち音さんぽ— 奈良 別所

台風の影響が小さくとどまるよういのりつつ、12日の[音さんぽ]は中止します。13、14日は行います。お考えの方へ、11日の金曜日までお申し込みお待ちしています。

 

PrintPrint Print

 

/・/・//・////・-///・・・///
遠くのあなたへ 近くのあなたへ

届け届けおとたまり通信—2019年秋分号

///・/ー/・///-////-///-//

こんばんは、みなさま。日々山あり谷あり。ふっと一息つきたい時に

読んでもらえたらと奈良の高原 別所町よりお届けします。

○………秋の香りと音と

5日前より新しい香りが部屋じゅうに漂よい始めました。金木犀です。

小学校への行きしな、友達と黄色帽に集めた香りだからか、ほっと心

安らぎます。

朝方はキツツキの「kokokokokokokoko」というドラミングと

「きょ きょきょきょきょ」という鳴き声で耳覚め、

夜は鳴く虫の多様な世界に包まれ入眠します。そんな別所の秋です。

村のみなさんの稲刈りは9月中旬に終わり、その田から時折、蛙が一斉

に鳴き始める時があります。環境が変わると音も変わることに着耳しつ

つ、今や音だけでなく鼻、手、舌も敏感になっていると感じる日々です。

さて、私が暮らしている村を巡る「音さんぽ」第二回目を開くことにし

ました。次なるテーマは”月待ち”。ちょうど十三夜の頃にあたります。

9月の十五夜に下見をしました。絶景の茶畑にて東より月の出を待ち望

んでいましたら、雨降り前の暗い空の中に朱い月が上がって来たのです。

妖艶な雰囲気もあり、みとれてしまいました。見れたのは束の間。暗雲

へと入っていきました。

かつて、江戸時代に盛んに行われていた虫の音を愛でる「虫聴きの会」。

そんな虫聴きをするのにもぴったりのフィールド。いらっしゃいませんか?

「おとたまり」の目的は、地の人や訪れてくださる方とこの場・時を感じ

わかちあい、今ある豊かな音風景を次へ次へとつないでいくこと。

「子どもと音さんぽしたい」「○日に友達と奈良旅にいくので音さんぽし

たい」というお声もいただいています。日々移り変わる自然と、あなた

に寄り添うーprivate音さんぽーもこのフィールドでやっていきたいです。

なんなりとお寄せ下さい。

 

○第1回目の夕暮れ音さんぽのレポート○

listen to 茶畑絶景地impro↓

http://www.ototamari.net/blog/?p=2763

…………………………………………………………………………………….○

耳をひらき 音で遊ぶ 月待ち音さんぽ in神無月(奈良-別所)○…………………………………………………………………………………….
ここは水麗しい里山、おとたまる村。生命の世界がかぎりなく広がる。黄紅葉が美しい秋、旬のひみつ道を五感でガイド。茶畑のお山で月の出を待ちましょう。月あかりのもと、風をほおに、ひそやかになりゆく生き物の響声につかりましょう。心身を自然にまかせ、やがて「わたし」が自然にとけこむ時、深い落ち着きに包まれる。そんな時間…季節のめぐりに合わせた「音さんぽ」をおとどけします。

日時 ‖その一 2019年10月12日(土)
その二     10月13日(日)
その三     10月14日(月)
16:00はじまりー19:30おわり

所 ‖ 奈良市別所町(JR、近鉄奈良駅〜車で約40分 針IC〜車で約10分)最寄り駅・バス停が近くにないです。お申し込み時に詳しくお伝えします。

案内人 ‖ 音風景研究家 岩田茉莉江

定員 ‖ 各日おとな6名(先着順)

参加費 ‖ 3500円 お茶菓子付き(税込)

持ち物・服装‖ 帽子、飲物、雨具、長袖長ズボン・歩きやすい靴

お申込み・お問合せ ‖ ototamari●gmail.com お名前、人数、ご連絡先、参加希望日を添えて ●→@に変えてお送りください。

主催 ‖ おとたまり http://www.ototamari.net/

#村の守りたい風景 #おとたまり #soundscape #音風景 #ototamari

Print

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">